かなり長い間放置プレイでした…ごめん(´・ω・`)
22年2月22日という記念すべき日?から再開します。

コメント&相互リンク大歓迎です モジ(((´ω` *)(* ´ω`)))モジ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桜花抄
別に何か用事があったわけではないのですが…
今の季節にどうしても行ってみたい場所があって

ずーっとずーっと憧れてたその場所に
ついに行って来ました






大好きで大好きで大好きな
「秒速5センチメートル」という作品
その中の「桜花抄」に出てくる坂道です




※映像がきれいであってこその秒速なのに
…画質最悪ですみません(;><)


場所は小田急線の参宮橋という駅から降りてすぐ。
この街からとなりの代々木八幡までは、見たことのある場所が沢山です
踏み切りも…二人がかけ下りるあの坂道も。

正面に見えるコンクリートの上は参宮橋公園という小さな公園になっていて
少し離れた場所に新宿の高層ビル群がみえます。。
映画にあるように秒速5センチメートルで舞い散る沢山の花びらを見ることはできませんが
写真にも小さく桜の木が写っています…みえるかな( ´∀`)

詳しい場所は↓



おそらく、このまっぷにもあるマックは

 『あの本、どう?』
 『なかなか昨日一晩で40億年分読んじゃった』
 『どのあたり?』
 『アノマロカリスが出てくるあたり』

と、明里ちゃんがハルキゲニアをポテトで作っていたあのマックなんじゃないかな

今回はあまり時間がなくて
あんまりじっくり回ることができなかったけど
次回はもっと時間をかけてゆーーっくりまわりたいです。

『貴樹くん。来年も一緒に桜……、見れるといいね』




人生は選択の連続


時間がポッと空いたので
写真の整理をしていたら
お正月に家族で行った、下田温泉の写真が出てきた。

去年の春に母が体調を崩してから
私の中で何かが変わったようで
20過ぎてまで恥ずかしいと思っていた家族旅行も
二つ返事で賛成した。

当たり前だと思っていたこと。
何年か先には「4人の時間」もなくなる日がくるということ。

一緒に旅行に行ける今があって
私は幸せなんだと思う。


行った場所は下田大和館


私はここに小さい頃から行っていて
一番古い写真を見ると
各部屋についている専用庭で父に抱っこされて不機嫌そうに写っている。
その次は芝生の庭でハイハイをしてる。
おそらく6ヶ月くらいの頃。

中学にあがってからはあまり来ていなかったが
小学校まではチョコチョコと訪れていたので
その宿には沢山の思い出があった。


今回しばらくぶりに訪れたその場所は、あいかわらず海が素晴らしく。
太陽の光を反射して輝く水面は、早朝早くから車を運転していた自分を灰にしてしまいそうな位…キラキラしていた。


海沿いのその宿に到着したのは2時頃。
チェックインまではまだ少し時間があって、私たちはラウンジでウェルカムドリンクを頂いていた。

添えてあったハチミツマドレーヌを食べ終えた母が

「マドレーヌも美味しいけど…少し小腹が減ったわね」

とつぶやいた。
来る途中のレストランで遅い朝食を取ったのが10時すぎ。
そろそろお腹が減ってくる時間だ。


本当はラウンジで軽く食べても良かったのだけど
時間もあるし、折角だから散歩ついでに外に出た。


潮風の中、歩く。
やはり東京よりは少し暖かい。


駅前から少し離れたこの辺りはあまり飲食店はなく
あったとしても、お正月。当たり前のように休業中だった。


20分くらい、歩いていただろうか。


「あ」


兄が思い出したようにつぶやいた。


「そういえば、車でここまで来る途中にラーメン屋を見かけたけど…そこは?」











…ラーメン









「ここまで来てラーメンかよ( ; ゚Д゚)」
と一瞬家族みんなが思ったと思う。


だけど、千と千尋の冒頭のシーンの如く
どこもかしこも「休業中」


そして歩いたことにより
さらに加速している「空腹度」


ここまで来てラーメン。
もしくは諦めてラウンジ。


ここで2択である。


確かに「ここまで来てラーメン」という気持ちはあるが
ラウンジを選んでしまうと
この散歩という名の空腹をいやす旅(30分)が無駄になる。
最初からラウンジで食べてれば良かったのだと思ってしまう事事態が負けなのだ


だとしたら、ラーメンを選びたい。
だけど自分以外の家族はそれでいいのだろうか。。。







悩むこと2秒半ほど。








「ラーメン、美味いかもな。

海近いし( ´∀`)」







父がよくわからないことを呟いた。






「そうね、いい出汁が出ていそうだわ( ´∀`)」







続けて母もかなり前向きな発言だ。
出汁発言のの出所はわからないが、おそらく海から取れる何かから出ているに違いない。


兄に父母。
ここで私がなんと言おうと賛成が3になった時点でラーメンは決定だった。



早速、道を戻って兄の言うラーメン屋に向かった。
風になびく何本もの旗と、駐車場に停まっている車でわかるようにそこは確かに営業していた。


「麺は本場北海道から取り寄せてます」


私達ラーメン素人にはよくわからないが
わざわざ旗にして合計8本もはためかせる程
北海道の麺を使っている事は重要なポイントなんだろう。


だから私は「いつもの3割増しほどの力を出して麺を味わおう」と、その時思った。



県道沿いの小さい民家のような和風な佇まい。
玄関脇の玉砂利のスペースにはなぜか洋風のテラスセット。
テーブルの上にはマルボロ。


…何この違和感(;・∀・)


不思議な和洋折衷空間を横目に
引き戸を開けて店に入った。


店内は
真正面にカウンター(4席)
左に小上がりの和室
右にテーブル席(4人×2、2人)

和室はよくわからないが、4人がけのテーブル席は埋まっていて
残っているのは2人席とカウンター。


軽く悩んで、父と母はテーブル席に。
私と兄はカウンターに座ることにした。


本当は4人でカウンターにと思ったのだけど
カウンターの左右二つの席が店の私物(ジャンプとか煙草(マルボロ)とか飲みかけのコーラ(ペットボトル)など)で埋まっていたので
この良くわからない席になったのだった。




片付けろよ(゚Д゚;)




と思ったけど、
店の親父がなんとなく清志郎に似ていて言えない。
(逆らえないオーラ)




店に入ったら店に従うのですね( ´∀`)


そうですよね?店長?( ´∀`)





店は清志郎(親父)高校生位の女子(イモト風)のたった2人で切り盛りされているようだった。

濡れたグラスに水が注がれ、目の前に置かれたので
顔を上げると、イモトが立っていた。


垂れた汗を服の袖で拭きながら、満面の笑顔でわたしてくれたメニューを
開いてちょっとびっくり。


-------------------------------

北海味噌…北海風味の味噌
あっさり味噌…味噌。だけどさっぱり。
とうきょう味噌…東京風味の味噌。
とんこつ味噌…とんこつと味噌
こうじ味噌…こうじ味噌
こってり味噌…こってりとした味。
四川味噌…辛味の効いた味噌。
味噌…味噌。
チャーシュー麺…醤油味。

-------------------------------


ここでまた選択なのだが
…味噌ラーメンだけで8種類もある(;´∀`)



しかし考えてみればここは北海道の麺を扱う店。
だったら「味噌」を選ぶのが当然。
チャーシュー麺などもっての他である。


スタバで珈琲以外のものを食べるようなものなのだ。
(私もだけどさ)
完全にアウェーなのだ。



問題は5つある中のどの味噌を選ぶべきか。。。。
味噌の前についている言葉で何となく想像できるものの
最後のシンプルな「味噌」というのが非常に気になった。
これはもしかしたら

「お前に真の味噌の味がわかんのか?」


と清志郎の仕掛けたトラップで
飾り気のない「味噌」こそ本当の味噌なのかもしれない。
味噌の中の味噌…キングオブ味噌なのか、もしくは本当にただの味噌なのか。


悩んだ挙句、私は5種類の味噌の中でも最も北海道にふさわしいと思われる

「北海味噌」

を頼むことにした。



「もっちゃんは何にするの?」
兄に尋ねると


「俺?俺はとうきょう。」

という答えが返ってきた。






とうきょう味噌…東京風味の味噌。





( ´∀`)





下田に来て、東京風味( ´∀`)
静岡県なのに東京風味( ´∀`)




「ちょ、東京から下田まで来て北海道の麺を扱う店で東京味の味噌注文とか…もっちゃんてばバカじゃないの?ラーメンショップででも食べてなよ!

それより、これにしようよ」





と、さりげなくキングオブ味噌を薦めてみる。
自分で食べるのは嫌だけど、気になって仕方がない。


「俺もそれ気になったけど…説明文がシンプルっていうか「味噌」ってそれじゃ全くわかんねぇし」



「でも安パイすぎるよ…頼むよ、おねがい。せめて東京以外で。だってここは下田だし。下田で東京味ってなんかおかしいし。」



私は兄を説得し、とうきょう味噌→こってり味噌への変更に成功した。
だけど、「味噌」を注文するまでには至らなかった。


これ以上頼んだら、きっと
「じゃあ、お前が「味噌」にすれば?」


といわれるに違いない。


誰だって自分だけは安全で居たいのだ。
空腹のお腹を満たすのは、冒険じゃないのだ。
冒険やドキドキでお腹イッパイにはなれないのだ。
悟空さじゃあるまいし。


私達はファイナルアンサーで「こってり味噌」と「北海味噌」そして「りんごジュース」を注文した。


特にやることもない私は
カウンター越しに厨房を見ていた。
(というか、勝手に見えるんだけど)



大忙しで動き回る清志郎にイモトが先ほどの私と兄のオーダーを告げる




「北海味噌とこってり味噌です」


「何だよまた北海かよめんどくせぇ」












( ´∀`)え?





注文したものに「よろこんで」と返す、あの居酒屋とまではいかなくても
肯定の言葉が返ってくるのが当たり前だと思っていた昨日までの私。





「何だよまた北海かよめんどくせぇ







「 め ん ど く せ え ? 」






…( ´∀`)んんん?




良かれと思って注文した北海味噌は清志郎のお気に召さなかったご様子。


厨房とカウンターの距離では会話など聞こえないと思っているのか
それとも「聞こえても構わねぇ、ここは俺の店だ」なのか
それとも、ただのバカなのか



( ´∀`)




この厨房では
私の今まで考えてもいなかった会話が
飛び交っていたのでした。


(つづく)




※次回予告「りんごジュース(と中の氷)がでかすぎます」



P1000005.jpg

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


サーモンピンク

(fpiedi FP500E3)



大きな橋をみているふりして
ほんとうは



ずっと
あなたをみていた




「寒いね」
「うん、でも平気だよ」




「お腹すいてない?」
「ううん?だいじょうぶだよ」







……ごめん、嘘なの


本当は寒いし、お腹もちょっとすいてきちゃったけど







だけど…だけどね



もう少し、ここに



あなたとここにいたくて…








-------------------------

病院逃げ出してお台場行って着ました(*´∀`)

なにやら大好きな「シナボン」が2月末で閉店になるとかで

┌|゜□゜;|┐ガーン!!








昔は吉祥寺に日本一号店があったのに…
ついにシナボンが食べられない日がくるなんて。。。。

(マッ○のシナモンメルツよりも私はだんぜんシナボン派でした)



かなりショックです。・゚・(つД`)・゚・。



こうなったら、やっぱりホームベーカリーを買って
自分で作るしかないよね(`・ω・´)


上野、かもされ中
ニコニコ動画に、写真を晒されてしまい
リアルに凹んでしまったあたし。

今日は病院を休んで、友達Mちゃんとコレに行って来ました。



国立科学博物館(上野)にて開催中の
菌類のふしぎ

もやしもんはもちろん可愛くて大好きですが
きのこ(菌類?)が大好きな私は
フツーにかなり面白かったです(*´ω`*)





以下、若干のネタバレ含むので
OKな人だけ読んでね( ´∀`)bグッ!






















展示室は全てダンボール素材中心のレイアウトがされていて
(大学の研究発表会のイメージみたいです)
ダンボールのところどころに


こんな風に、作者「石川雅之先生」による落書きがされています。


きのこ(きくらげ)の横。そっか…おまいも中華が好きか。。


カビ野郎…。返す言葉もございません。


笑い飯もいるよ(*´ω`*)


顕微鏡で視姦プレイ(*´ω`*)


森には菌がたっくさんいるんだってさ。
+(0゚・∀・) + ワクテカ +


もちろん、まじめな研究内容も沢山ありました。でも…菌がいると和む…。




他にも落書き沢山あって
探すのだけで楽しかった(*´ω`*)

ほとんどがもやしもん目当てだったんじゃないかな(*´ω`*)


可愛いし、普通に面白くておススメです★
I LOVE コメダ


コメダ珈琲に行ってきた(*´ω`*)

名古屋ではおなじみの喫茶店…といってもかなり広くて、喫茶店というよりもファミレス寄り。
そしてカフェではないの「喫茶店」なの。

あたしはここが…大好き。
初めて友達にここの存在を聞いたときからずっと行ってみたいと思ってた。

で、念願叶いました(*´ω`*)
コメダ最高(*´ω`*)

なんで東京都に5店舗しかないんだろ?
もっと増やして欲しい。コメダに棲みつくから。

写真は朝のモーニングセットとシロノワール(*´ω`*)
朝、飲み物を頼むと勝手にトーストとゆで卵が付いてきます(お値段そのまま)
シロノワールは温かいデニッシュパンの上にソフトクリームがのっていて、さらにお好みでメイプルシロップをかけて食べるんだけど、これが超美味しいの(*´ω`*)

あー、近所にコメダ出来ないかなぁ。。。
JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


モーモーミルク
P1000726.jpg

「ホットホワイトチョコレート」


スタバでこのメニューを見つけたとき、心が躍った∩(´∀`)∩♪


ホットチョコならば珍しくないけれど
ホットホワイトチョコというのはあまり見かけない。



私はホワイトチョコがもんのすごく好きである。
チョコとホワイトチョコ、どっちが好き?と聞かれたら
9対1位の勢いでホワイトチョコが勝つであろう。
これは、結構すごいことなのでは…思う。
野球ならコールドゲームだし、9:1の髪の分け目の人がいたら、あと一歩で…だ。

そんなホワイトチョコ好きな私は、もちろん「白い恋人」も「マルセイバターサンド」も大好きだ。
北海道は素晴らしい所だと思う。
私が北海道っ子だったら、この2つが主おやつ(主食と同じような意味で主に食べるおやつのこと)なのは間違いない。


ホワイトチョコ万歳。
白いダース最高です。
不二家以外でもホワイトチョコケーキを常時売っておくれ。

そんな考えをいつも胸に抱いている私が
この「ホットホワイトチョコレート」という名前を発見して
+(0゚・∀・) + ワクテカ +しない方がおかしいというものだろう。

もちろん、注文した。




「ほほほほわいとほっとチョコください」




噛んだ上に間違ってしまったが、店員さんは笑顔で対応してくれた。
何て優しいんだ。
その上、そんなに素敵な飲み物を売ってくれるなんて…。
思わず彼女を拝んでしまいそうになりながら赤い照明の下で飲み物が出てくるのを待つ。
もちろん、今から始まるホワイトチョコが温まった的な飲み物の味を想像しながら待っていたのは言うまでもない。



「ホットホワイトチョコのショートサイズを一つとスチームミルクのお客様〜」

「'`ィ (゚д゚)/」



ワクテカしながらトレイを持ち、足早で席に戻った。



友達はホットミルク
私はホットホワイトチョコ

ここはスタバである。
コーヒーンの専門店である。なのに二人ともコーヒーンとは無関係なオーダー。
なんとなく、アウェイ気分だ。


猫舌な私なのだが、ガマンできずにすぐ口にした。
欲望に勝てずに。




…ずずっ








……( ´∀`)










……ずずっ









(´∀`;●)







おやおや?



これはミルクというものではないのだろうか?





友達のものと間違ってしまったのかと
若干ドキドキしながらカップ横を見た




…(つд⊂)ゴシゴシ




( ゚д゚)





( ゚д゚)→→hwc





hwcの書き込み。
おそらく「ot white choco」で正解な気がする



もしかしたら
店員さんが間違って友達の方に私の暖かいチョコレート的なものを注いでしまったのではなかろうか


私は友達に聞いてみた



「Mち、それさ、ミルクだった?」


「ううん、ホットミルクだった」



…( ´∀`)
やばい…殺したい…。




どっちにしろミルクなのは間違いないらしい。
じゃあ私の舌がおかしいのだろうか……。

ダイスキな白いアイツの味を間違うはずはないのだが
もしかしたら…という事もあるので友達にも試してもらう事にした。




「ねえねえ、これ飲んでみて?」



友達が口にするのをドキドキと見守る。


友達は、すぐに言った。



温かい牛乳だね( ´∀`)」



…やばい…殺したい
( ´∀`)



牛乳だと彼女は言った。
私もミルク、すなわち牛乳だと思う。
牛の乳的なアレだと思う。




それならば


ホ ワ イ ト チ ョ コ じ ゃ 無 い じ ゃ な い

か ! !
(#^ω^)ビキビキ



ものすんごく楽しみにしていた為か
加速度付きでがっかりしてしまった私(-ω-。`)

どうしてもホワイトチョコが飲みたくて
店員さんに言いに行こうかと思った。





もし


「はい、こちらがそうですが何か?」



といわれてしまったら?



「これがホットホワイトチョコなんだけどお客たまにはホットミルクとの微妙な差がまだわからないかもね(ΦωΦ)フフ」


と思われてしまったら?






((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル






多分牛乳だと思うのに…言えない。



とりあえず、もう一回飲んでみよう。
もちつけ、自分。





o口(・∀・ ) ゴクゴク









(;・∀・)




も、もう一個のも飲んでみよう…





o口(・ω・ ) ゴクゴク  



o口(・ω・ ) ゴクゴク  













…ちーーーーん( ´∀`)












_| ̄|○ {同じ味じゃないか…













( ゚Д゚){牛の乳じゃあない



か!!









何度も飲んで
もうどっちがhwcでどっちがhm(ホットミルク)だかわからなくなった頃




友達が男前に席を立ち



数分後…









(*・∀・)つo□{ほらよ









なんとここで








新規ホットホワイトチョコ



降臨!!






早速飲み比べる私達。



これはもはや


ホットホワイトチョコVS熱い牛の乳的なもの


の戦いなのだ。









…・・・(,,゚Д゚)†









o口(・ω・ ) ゴクゴク


















+.゚(*´∀`)b゚+.゚








スイーーート!






やっぱりこれだよ



少しだけ甘いよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!







ぶっちゃけ

正直

期待していたほどホワイトチョコではない




恐らくホットミルクの上に
ホワイトチョコっぽいものやホイップなどを乗せるのだろう。





だけど




先ほどのものは
間違いなく、上に乗っているものがなかったと思う。



カレーならルーがないような…そんな感じだ。
そりゃ遺憾だ。イカンと思う。



味勝負では私たちが勝った。
(というか、やっぱり普通の牛乳だったというだけというアレ)



だけど
それを自信をもって「これ、ミルクじゃ…?」といえなかった。  




今回は









ドロー









だ!!!!





次は完全勝利を目指すつもり。




というか、次はホットホワイトチョコは頼みたくない。
いつもの「ホワイトチョコラテ」がやっぱり一番いいと思った。
浮気してごめんよ、ホワイトチョコラテ。




みなさんもホットホワイトチョコには注意してくださいね( ´∀`)
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------


試合に勝って勝負に負けた的な私は
現在熱を出して寝込んでいます。。。


アレだね多分。


寒い中長時間、テラス席で
ミルクが冷め切るまで色々戦っていたから。


( ´∀`)


熱、下がれー。

ホットミルク、美味しいです。


ご め ん ね 牛 ! !


※写真はみなとみらい、スタバ前( ´∀`)
さて
幕張メッセで開催されている
東京モーターショー2007
に行ってきたわけですが(*´ω`*)



今年もいろいろ楽しかったです

いろいろ写真と若干ウザイカプールの話は追記からonpu03
続きを読む >>
現実逃避
P1000513.jpg

最近BLOGを書いていないのは
負のオーラが出まくりで
ネガティブな記事を書いてしまいそうだったから…

という言い訳(;´∀`)

ネガティブな内容を
BLOGに書くのは何だかアレなので
ずっと隠してきたのですが

うーん…
流石にさぼりすぎーとか思うので一応理由も話してみました。


続きを読む >>
マンボウを見に行った
P1000444.jpg

おひさしプリンセス( ´∀`)

なにやら更新が滞ってまして…
実は何気に体調が悪かったのですが
そういうのをここに書くのはあまり得意ではないので
さりげに引きこもってました( ´∀`)えへへ
そんなわけで訪問もできてなくってごめんなさい(;´Д`A ```

夜にでもコソーリコメントにいきますです。。。



えーとトップの写真なのですが
昨日、少し体調が良くなったので「サンシャイン水族館」に行ってきました。


マンボウを見に( ´∀`)


前回行ったときは、大きな水槽にすんご〜く小さいマンボウが一匹
今にも死にそうな勢いでフラフラ泳いでいたんですけども
今回は2匹いました( ´∀`)

明らかに前回のとは違うのが二匹( ´∀`)

何か切ないけど、まぁTWOマンボウだからいいや( ´∀`)


実は私マンボウ大好きで!
3度のご飯よりもマンボウが好きで!
将来はマンボウ飼育員になりたいです!とか今小学生だったら間違いなく文集に書いてしまう位好きで!
キリンさんよりも象さんよりもマンボウが好きで!
スキマスイッチよりもマンボウが好きで!



そんな感じに
マンボウが好きです( ´∀`)


若干大げさな部分もありますが
ほぼそれ位好きなハズです この熱いソウル!!



ぶっちゃけ他の魚とかどうでも良くて
マンボウが見たくて仕方がなくて
マンボウ検索をかけて結局近場のサンシャインに行きました。

マンボウ。
マンボウいいよ、マンボウ。

名前もいいよ、マンボウ。

口が可愛いよ、マンボウ。


写真を撮っている時に
暗い中であんまりブレずに撮れたので
思わず嬉しくて心の中で「ナイスマンボウ!!」と喜んでいたのですが
どうやらそれは知らぬ間に声に出ていたらしく
たまたま隣にいた中国人カプールに笑われました。


「マンボウ」とは
あちらの言葉で「ちん●」的な意味もあるような事を後から知って

(・ω・;)(;・ω・)

ちっと照れてみるけど、なんかもうどうでもいいや。





ナイスマンボウ!!


( ´∀`)b





で、これがその自分的ナイスマンボウショット↓

P1000452.jpg

OH!NICE!!

いや〜マンボウって本当に素晴らしいですね〜( ´∀`)
ヨーホー・ヨーホー


遅ればせながら

PIRATES of the CARIBBEAN  AT WORLD'S END」

を見てきました( ´∀`)

(特に凄いネタバレは書いてません)


昨日はいわゆる「デート」でした
といっても彼氏とは遠距離なので
同じ時間帯に同じ映画を見るという
遠距離恋愛独特のデート
というヤツです( ´∀`)

隣に彼はいなくても
彼の存在を感じられるから不思議

こういう感覚って
遠距離を体験した人じゃないとわからないんじゃないかな

私も今までの恋愛では知りませんでした。

遠距離っていうと…どうしても「寂しい」というイメージがありがちですが
本人たちの気持ち次第で、そこはクリア出来ると思います。
普段会うことが出来ない分、いろいろな工夫をして時間を共有する。
そういうのって、遠距離独特の恋愛の楽しみ方だなぁって
私は逆にこの状況を楽しみたいなぁとか思いながら付き合ってます。

えっとそれで…映画の話ですが
とりあえず、長かったです( ´∀`)

2時間47分…プラス予告10分なのでほぼ3時間

話がどんどん進み、面白いので時間の長さは特に感じませんが
私は後半20分ほどトイレを我慢していましたので
ラストの大事な部分が長く感じてしまいました(;・∀・)

噂によると(というかパンフにも書いていますし、毎回そうなのですが)
エンドロール後にも大事な映像があるのを知っていたので
エンドロールが始まった瞬間、トイレにダッシュしました
(あの長いエンドロール中、我慢してられる自信がなかったので(;・∀・))

‖WC‖ヽ(^ω^ゞ =3  イテキマース

ホールのドアを開け、廊下を出ると
同じような人が何人もいて、ダッシュしてる人もいました。

映画これから行く方は、トイレに行っておくだけではなく
映画前から水分を少し控えておくといいかと思います
。3時間って結構長いよ。


以下は軽いネタばれというかなんと言うか…
予告貼っているのと、疑問に思ったこと(内容ではないです)

続きを読む >>