かなり長い間放置プレイでした…ごめん(´・ω・`)
22年2月22日という記念すべき日?から再開します。

コメント&相互リンク大歓迎です モジ(((´ω` *)(* ´ω`)))モジ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< I must say ‘good−bye‘ to you. even if I love you… | main | モシャス >>
gravity



ゆっくりと、思い出していた


「人は泳ぐ事も走る事も出来るのに、
どうして空だけは飛べなかったんだろう」


「翼が・・・無かったから」


「水掻きが無くても、泳げるのに」


「自分達の・・・罪の重さで飛べないんだよ。
それがヒトに付けられた重りなんだ」



君とこんな話をしたのはいつだっけ?





魂が夢を見る場所も、昔身体だった所も忘れた。


いつか僕らは遠すぎた未来よりも遥かな場所を
目指して、そして傷付いたね。


何も思い出せなくても、感じた確かな痛みだけは残っているのに。



いつまでも変わらないはずだった。



「前と同じなのは後ろ向きな想いだけだね。
結局僕らはカゴの中に、決して飛べない鳥ばかり集めている」


君は悲しそうに「そうだね」と笑った。


黒いままの羽根は青い空には不自然すぎて、
目の前に広がる紅い空だけをただ見つめながら。


いつまでも増して行く重力に繋ぎ止められていくんだね。



どこまでも狂おしい旋律で
この胸を掻き毟るような、そんな想いをずっとしてたい。


空気に浮けないヒトという重りを、残していつかあの彼方まで。



「昔身体だった場所を辿って行こう」




(*´∇`*)


こんにつは。
朝方、じろうくんBLOGで空の写真を見て
空が綺麗だったのであたしも撮ってみました。





これ



(*´∇`*)


実はこことは別に
詩BLOG(これまた更新してない…)を持っているのですが
そこに書くものは
もうちょっと柔らかい感じと決めていて


これはこっちに載せてみました。

( ・ω・)



空を見るたび
憧れます


晴れた空の青が
夜の藍が


とても好きです




オチなしっ(((((((っ´▽`)っ


スポンサーサイト
おちなしですか?
それは綺麗ですね。
昨日は晴れてて雲なしでした。
naoto | 2007/06/02 13:36
素敵やないですか☆
写真も詩も。

鳥って何で飛べるんでしょうね。
純粋な気持ちで、ただ生きてるから?
うーん。不思議ねん。
にしても写真キレイだなぁ。
じろう | 2007/06/02 14:55
すごく綺麗な写真。
吸い込まれそうな群青色やね。
そして深い詩…

二人で、ゆっくりと変わりゆく空を眺めていたいな
ゆきくん | 2007/06/03 21:08
>>naotoくん

あはw
本文はオチなしですが、一応詩(みたいなアレ)はあれで終わらせてるつもりです(´∀`*)
わかりにくくてごめんなさい

雲のない空もいいよね。
あの、なんともいえない、グラデーションも好きです。
神様の青ですね。
ちぃ | 2007/06/04 11:40
>>じろうくん

えへへ(*´σー`)
あざっす。
嬉しすなぁ…

鳥が何で飛べるのかとか
空がどうして青いのかとか
本当はちゃんとした理由があるのに
こう、別の意味?みたいのを考えるのが好きです。

写真、結構お気に入りだったりします(つω`*)
だから褒められて嬉しかった。ありがとう。
ちぃ | 2007/06/04 11:43
>>ゆきくん

あは(´∀`)ありがとう〜。
何気なく撮ろうと思ったんですけども
下半分(この場合、左半分っていうのかな)の町並み部分をどうしても黒く写したくて
携帯の撮影設定を色々変えたりしました。
後はなんとなく、まっすぐだとつまらないので
斜めに…(´ー`)
褒めてもらえて嬉しかったです。

そして照れました(∩∀`*)
そうだね…見たいすなぁ。
ちぃ | 2007/06/04 11:46
COMMENT