かなり長い間放置プレイでした…ごめん(´・ω・`)
22年2月22日という記念すべき日?から再開します。

コメント&相互リンク大歓迎です モジ(((´ω` *)(* ´ω`)))モジ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ヒキタさん | main | ご乱心 >>
スキマスイッチ 東京公演1日目
P1000703.jpg

行ってきました

11月13日(火)
オロナミンC Presents
スキマスイッチ ARENA TOUR'07 "W-ARENA"

東京公演1日目 国立代々木競技場 第一体育館

セットリスト含むライブレポ行かせて頂きます( ´∀`)


じつは、特にここではお話していなかったのですが
最近ちょっと冷めてしまっていたスキマスイッチ熱。
それは彼氏を「え?どうしちゃったん…?」などと心配させてしまう程の冷めっぷりで。
i-podでもスキマがかかると曲を飛ばすくらいのアレだったのですが…

そんな私がみた今回のライブはどうだったのでしょう…。

詳細は追記にて。


※読む前に要注意( ゚Д゚)

.優織丱貘腓い亡泙澆泙后
 セットリストを含め、ライブのおおまかな流れを載せていますので
 これから参戦する方はご注意ください( ´∀`)

愛ゆえにたまに「オイッ」と突っ込みたくなる表現も
 若干キモチワルイ点も大いにあると思います( ´∀`)えへへ
 生まれてすみません。責任は負えません。
 以降は自己責任でお願いします。

ライブレポは生ものです
 新鮮なうちに頂いてもらいたくて、頑張って打っていますが
 なにぶん長文なのもありまして
 文章など稚拙な部分もございます。。。
 また若干の記憶違いがあるかもしれません。ご了承ください。


全部OKよんて方は是非読んでやってください( ´∀`)
お待たせしてすみません、完成しました。
-------------------------------------------------------

スキマスイッチアリーナツアー、東京一日目。
今日の開場は5時30分。開演は6時30分でした( ´∀`)

会場は「国立代々木競技場 第一体育館」。
東京でアリーナツアーとなると、大抵ここが会場になります。
原宿駅で降り、明治神宮方面に歩いていくと
右手奥の方に見えてくるこの場所は
「代々木」とは名ばかりで最寄の駅は「原宿」ですのでお間違えのないように(;´∀`)

フランクフルトや焼きそばの屋台の前を抜け
とりあえず、歩道橋をわたる前に公園に入ってトイレをすませ(めっさ銀杏くさい)
混んでいない側から歩道橋を上ると、会場周りはすでに人だらけ。

「人がゴミのようだ byムスカ」

とはこの事です。

会場の前でツアートラックが停まっていたので記念に一枚(TOP画)
物販はスルーして中に入りました。

会場の中は独特のキリっぽいモヤっぽいものが立ち込めていて
開演時間が近かったせいか、みなさんほとんど着席していました。

私は今回、アリーナCブロック最前列だったのですが

…遠ッ!!!

こんなに遠くなスキマは初めてです…orz
軽くショック。これじゃあ…まめまめ…まめまめだよぅ…。

席について、コートを脱いで、椅子の上に荷物をまとめたりしていると…




フッ-----------



照明が落ちました。



-------------------------------


ざわつく場内。

ステージ正面は大きなスクリーンになっていて
映像が次々と映し出されます。

水…
砂…
スローモーションで映された水?

開いていく花…


そして今回のツアータイトル

「スキマスイッチ ARENA TOUR'07 "W-ARENA"」


メンバーがステージに上がってきたのが
うっすらわかりました。


会場が藍色に近い紫に染まり
鳴り響くギター

今回、気持ちが少し離れてしまっていた私は
正直ライブに来るのが楽しみで楽しみで仕方ないという
以前のようなテンションでここに来る事ができませんでした。

だけど
なんだろう…

やっぱり
すごくドキドキしました

これからはじまる
これから響く
あの人の声に心を躍らせて

シルエットだけで
こんなに胸が苦しいなんて…






「どーーーーーーこでーーーーーーーー」




響く大橋君の声

涙が出そうでした




「どーーーーーーーーーーーこでーーーーーーーーーーーー」




一度目のそれよりも
もっと伸びる声


一曲目は何だか、実は分かっていました。
だけど、こんな風に来るなんて…ずるい





1:螺旋


曲の始まりに大橋君が見えなくて
隣の友達に場所を代わってもらいましたw
ちびってこれだから…。
でもおかげでバッチリなのです。

今回はスクリーンのおかげで大橋君の表情まで良く見える!!

うほー!!やっぱり か っ こ い い ッ ス !

そして横短いヘアー(ツーブロックですな)!!!

'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

成宮くんも、オダジョーも横短いのが好きだったので(;´Д`)ハァハァです。
ですが、刈上げ部分は見せてませんでした。
若干残念…。でもカッコいいからOK( ´∀`)


つか、螺旋!!
一曲目、ずっと何だか考えてワクワクしていましたが
やっぱり噂通りで普通に想定の範囲内でした。
ライブバージョンの螺旋はカッコよくて大好き。

「♪それならいっそ 君の中に僕の螺旋を残せばよかった」

という歌詞にいつもハフハフします(;´Д`)
そこの部分でスクリーンに映ってたのが大橋君で本当によかった
(いや、シンタ君も好きですが)



2:view

デビュー曲であります( ´∀`)
ノリが螺旋と近いから?
螺旋とviewって結構いつも近くにやる気がする。。。

会場はテンション上がりまくりで
大橋くんの耳のそばからは汗がつつーーーっと。
いいなぁいいなぁ触らせて(;´Д`)

真っ赤な照明の中でギターをかき鳴らす大橋君。

あれ〜?シンタくんのアフロ、今日はちょっと茶色くない?と気付く。
赤い照明の中だからでしょーか?




3:ガラナ

スキマスイッチを最近好きになったって人でも
この曲は知ってるのか、みんなのギアがさらに上がったのがわかりました。
今まで普通にしていた斜め後ろのリーマンがすごい勢いで飛び上がってました。
それはまるで、バッシュを初めて買った桜木花道(withハルコさん)のようでした( ´∀`)

びよーんてね。ビヨーンって。

藍色の照明の中、スタンドマイクを握り締め歌う大橋くん。

「♪勝利なんかもう、得られんぞ〜」

の所の歌い方、すごく好きです。すごくSっぽい(*´ω`*)




4:スフィアの羽

ガラナ→の流れで
シングル&カップリングコンボが決まりました(*´ω`*)

スフィアは一緒にいった友人M(といいながら実はS)ちんが一番好きな歌で
ニヤニヤ(・∀・)しながら聴いているのを見て私もニヤニヤ(・∀・)していました。
ニヤニヤコンボです(・∀・)(・∀・)
若干胃にくる感じですな。すみません、反省しています。

この曲の時に流れていた映像はとてもさわやかで
流れる雲…海…水…雷…大地。これって鳥視点でみた地球なのかな?
空を滑っているような……不思議な感覚。

スフィアって「球体」という意味の他にも地球などの天体を意味する言葉だったよね。



---------------------------------------------------

ここで最初のMCが入りました(※敬称略)


大橋「どうもースキマスイッチです!!」


両手をあげて会場をぐるっと見た大橋くん
もう、拍手、拍手の洪水というか…
拍手天国というか。
私に彦麻呂ほどのボキャブラリーがあったら、もっと素敵な言葉が浮かんだのですが
とにかくすごい拍手としかいえません。すみません。


シンタくんはそんな大橋くんをより際立たせるような?
手のひらを上にして、ぐいぐいと大橋君を指すような仕草をするだけ。

そしていつものあの(・∀・)ニヤニヤな感じの笑顔。
アフロ可愛いよアフロ!

大橋「いやーすごいですねー」

シンタ「上までびっちりですもんね」

大橋「これ、3階まであるんでしょ?」

シンタ「あぁ、アリーナ、2階、3階ですからねー」

大橋「(一番上の方を指して)そこ3階でしょ?」



客「2階ー」

(会場:爆笑)



シンタ「ああ、アリーナ、1階、2階なんですよ」

大橋「ああ、ねー」

シンタ「今回一万二千人入ってますからね」

(会場拍手)




会場「大橋君おめでとーーーーーう」
会場「おめでとーーーーう」


最近、結婚した大橋君(。´Д⊂)
会場からはおめでとうコールが。





大橋「えへっ( ´∀`)


……まぁ、それはね、はい。ありがとう。」



大橋「で、今回ツアー半分くらい回りまして東京に帰ってきました。」



(会場:拍手「おかえりー」「おかえりなさーい」)



結婚の話はタブーというか…綺麗にスルーだと聞いていましたが
やっぱり今日もスルーでした(;´∀`)

残念だけど、ちょっとホッとしたような…複雑な乙女心。

見事にかわした大橋くんなのですが
スキマの地元は本当は名古屋なんで、
東京の私たちがお帰りというのも微妙です、正直(;´∀`)
でも、おかえりって言えるのは嬉しかったな。


ここから話が変わって大橋くんの本日の衣装の話が始まります。


「この間、地方から帰ってきた時、タクシーに乗ったんですよ。
でね?たまにいるじゃないですか?超話しかけてくる人。
そういう感じの人で。
正直僕すごく疲れて眠かったんですけど、寝れなかったんですよ。」



シンタ「あの、大橋さん、ちょっといいですか?」

大橋「何?」

シンタ「タクシーで寝るの?」

大橋「寝るよ?」

シンタ「僕絶対寝れませんよ?もう、絶対!絶対寝れない人ですね。
だって知らない所とかに連れて行かれたら ど う す ん の ?」


(会場:笑)


シンタ「それにさ、寝たままだったら降りれなくて困らない?」


大橋「そんなの起こしてもらえばいいじゃん」

シンタ「あ〜…」

大橋「家着いたら起こしてくださいとかさ、
家の近くの目印になるトコとか教えておいて
そこ着いたら起こしてくださいとかさ、言えばいいんだよ」


シンタ「なるほどね〜…ありがとうございます(ペコリ)」


(会場:笑)

シンタ「すんません、続けてください」

(会場:笑)



大橋「そう、それでね、そのタクシーの運転手さんがすごいしゃべる人で。
でね、その人が話しかけてきたんですよ。
「自分はよく芸能人を乗せるんですよー」って」


シンタ「ほうほう、その時点では大橋さんは芸能人だって気付かれて…」

大橋「な い ですね(笑)」


(会場:笑)


大橋「でね、彼が言うには芸能人だってわかるポイントがあるそうなんですよ。
まず一つは
「帽子をかぶってたり、メガネをかけていたり、顔を隠してる事が多い」

でね、その時点で僕は帽子をかぶってたんですよね。」




シンタ「ほう、じゃあ一つ共通していた訳ですよね。

でも気付かれなかったと
。」


(会場:笑)


大橋「で、もう一つは「大きな荷物をもっている事が多い」らしいんですよ。
これはアレですよね。ツアーとか仕事の帰りとかで大荷物になることが多い。

でね、この時僕も地方からの帰りで大きな荷物を持ってたんですよ。」



シンタ「じゃあアレですよね。2ポイント共通していると。」


(会場:笑)


大橋「そう。だいぶ近づいてきたかな〜って思うでしょ?
だけどね、コブクロ乗せた事あるとか言うの
普段メールとかして、同じような時期にアレしてる二人組が気付かれてるのにさ何か悔しいじゃない。
でも、自分から「芸能人です」とか言うのはなーんか嫌じゃないですか。
だからね、言ってみたんですよ。

アレ、それじゃ今日僕も帽子かぶって、大きな荷物持ってるんですけどどうですかね?」って。」



シンタ「おお〜」




大橋「そうしたらさ、






お客さんは違うよー。


だってこう…



オーラみたいなのが全然出てないもん( ´∀`)




…って」




タイミングよくシンタくんが「ガガーーーン」とピアノを鳴らします。
そして微妙に暗くなる照明ww

(会場大爆笑)



シンタ「あー…言われちゃいましたか。だからそうなった…と」


大橋「そう、もうオーラを全面的に出して行こうと思って」


(会場:引き続き大爆笑)



大橋「金のシャツに、金のベルト

そして金のスニーカー
だしね!!!」




この時、スクリーンに大きく映された大橋くんの衣装。
ゴールドのシャツゴールドのベルトに黒のパンツ。そしてゴールドのスニーカー…www
言うまでもなく今までみた大橋くんの中で一番派手でした。


こ れ が オ ー ラ か (゜Д゜;三;゜Д゜)





シンタ「なんか…しゃちほこみたいですね」




(会場:爆笑)



大橋「ん?何?」

シンタ「いえ、何も?」

大橋「そんなかんじで凹んでいた僕ですが、今日は楽しみたいと思っていますので…。
疲れたら後ろに椅子もありますしゆっくり座って。
で、自分は最後まで立ってるんだって人は、逆に座って」



(会場:笑)


シンタ「え?それは何で?」

大橋「いや、なんとなく(笑)
えっと女の子もね自分の好きなようにね。
男の子も最後まで立っていたっていいですよ?」



シンタ「え?」

大橋「いや、最後まで立ってね…男の子はね」


ちょwww何かエロい事言ってるお+(0゚・∀・) +


大橋「今日はゆっくり楽しんでいってください」




-------------------------------------------------------------


5:飲みにこないか

会場を右に左に歩き回りながら歌う大橋くんはニコニコで。
恒例の「相性32%」今回はやりませんでした。何かさみしい…。
サビ部分は客席にマイクを向けて。
この曲を聴くと、無性に宅飲みしたくなります( ´∀`)
軽くおつまみ作ってね。



曲が終わり、会場がふっと暗くなりました。
中央スクリーンに映し出される青い星、地球。



6:アカツキの詩(画像クリックで再生)





例のロボットPV↑がずっとスクリーンに映し出されてました。
青と白の混じった光の中で歌う大橋くんの声は
いつもよりすごく優しく感じました。

この曲は去年、ちょうど入院した頃によく聴いていて
なんとなく切なく思い出しました。

ただ、君がいればいいのに

本当、それに尽きるよね。
大事なものを再確認できる素敵な曲です。


この曲のPVに出てくる大橋くんは
どう見ても花輪くんですありがとうございました( ´∀`)

私もやっぱり
傘は赤がカワユスなぁって思います。



再び会場が真っ暗になり
すーーっと一筋の光がシンタくんに降りました

噛みしめるように、ゆっくり響く和音。


7:ボクノート

前のカップルが
めちゃめちゃ寄り添って、頭をこっつんこして聴いてました。
このカップルの話は後日改めて(アジカンライブの時のようにアレでしたので)処刑します。


スタンドマイクによりかかるように
目を閉じて歌う大橋くん

ボクノートを歌う時はいつも少し苦しそうで切なくなります。
大橋くんの今までがいっぱいつまってるんだね。
色々な意味でいつもすごく大切に思う曲。




流れるようなピアノのソロが始まって
熱い会場の空気に澄んだ音の雨が降ります…

壁をつたう蔦のような、深い緑の照明。
うつむいてマイクを掴む大橋くん。


8:雨待ち風


この曲はスキマスイッチがアマチュアの頃の曲で
当時のタイトルは「夏雲ノイズ」といいます。
ファーストアルバムに曲のタイトルを奪われてしまったそんな曲なのですが
私はこの曲が実はかなり大好きです。


夏の暑い日の切ない歌。
今回、この曲を聴くために来ました。


別れた彼女を今も思うこの曲。
私はどちらかというと「雨待ち風」というタイトルの方が好きで。
雨が降る前に気圧が下がって吹く風。
「雨待ち風」という名前は多分スキマの造語ですが
私はとてもこの名前が気に入っていて
雨が降る前に風がさぁっと吹くといつも、空を見上げてこの曲を思い出します。

切ない歌詞と、大橋くんの声が絶妙にマッチしていて
心がぎゅぅぅぅぅぅぅぅっと苦しくなります。
こんな風に思われてたら、もう…。
アップテンポなスキマもいいけど、私はバラードが好き。
その中でもこの曲がすごく好き…。



9:藍


「うほw」

思わず声に出てしまいまんた。
ゴリではありません( ´∀`)
大好き曲コンボです。ドラクエならHPはオレンジです( ´∀`)瀕死

照明はもちろん「藍色
3rdアルバム「夕風ブレンド」の最初の曲なのですが
この「藍」から始まって最後の「1+1」になるまでの
藍色→茜色にイメージが変化していくような
そんな演出がすごく好きです(勝手に思っているだけなのかもしれません…)

藍は前にも書きましたが
スキマスイッチの中で一番好きな曲。
シンタくん曰く「何でシングルカットしないんだシリーズ」の一曲です。

スキマを知らない人にスキマスイッチを紹介するなら
私は多分この曲を推すと思う

切なさも、声も、雰囲気も、ピアノも全て好き。
言うまでもなく、最高でした。

藍、いいです。
すごく…、うん。


10:さみしくとも明日を待つ


藍色の照明のまま入ったこの曲。
ファンクラブイベントでは大橋くんがピアノでイントロ部分を弾いていたこの曲。
ライブでの演奏回数がとても多いのは
やっぱりライブ映えする曲であるからで。

圧倒されます。
やっぱり大橋くんすごいよ。
ラストのシンタくんのピアノも好き。

なんとなくだけど…雨のイメージ。
ラストがもう、みんな凄かった(;゚Д゚)はわー
これ、演奏してて、キモチイイだろうなぁ…。




11:願い言


「夕風ブレンド」の一曲目の曲作りをしているときに
大橋くんが「こんなのできたんだけど…」と持ってきたらしいこれは
もう、めちゃめちゃストレートなプロポーズソングで…。

最近結婚した大橋くん。

これは、奥さんの為の曲だったのね…と聴けなくなった子もきっといるはず。
私だけじゃない…はず。

芸能人なのに、本当に本当に大橋くんが好きだった私は
結婚したら真剣にちょっと泣いてしまって、
振られた気分になって(バカ)スキマから気持ちが離れてしまうほどだったので
このツアーでこの曲を聴くのがちょっと怖かった。



リアルに泣いてしまいそうで(;´∀`)



イントロが始まって、手をぎゅっと握りました。
大丈夫。聴けるよ。



マイクによりかかるように歌う大橋くん
頬を伝う汗
アップで映し出される、薬指の指輪


感情込めまくりで歌う大橋くんのアップばかりで
この曲の時、シンタくんはあんまり映っていなかったかもしれません


君がそこにいてくれさえすれば
ただそれだけで…いいんだよ

今日まで僕が生きてきたそのわけを
今ここで君に証明してみせたい
君が想い描く幸せのイメージに僕の色を混ぜておくれ
君しか…いないんだ



マイクに置いた手が、細かく震えて
目を閉じて苦しそうに、祈るように歌う大橋くんを見ていたら
何だか色々こみ上げてきてしまって、泣きたくなりました。

大声で泣きたかった。

自分の中の寂しさと
大橋くんの心からの重い重い思いが相手に伝わって
それで今は幸せなんだよね、本当によかったね、おめでとうって気持ち。

反対な気持ちなのに、それがまざって。
どうしようもなく、泣きたかった。

髪の毛を振り乱して祈るように、ただ願うように。

今回のツアーで結婚について特に何も告げなかった大橋くん。
これが、彼なりの答えだったのかもしれないなぁなんて思います。

あんな大橋くん初めてみました。
夕風の時以上。比べ物にならない位に苦しかった、切なかった。


今まで心からのおめでとうが言えなかった私です。
だけど…よかったねって。思う。
おめでとう。さみしいよ。
でも、大橋君が幸せで良かった。

今回のライブでよかった曲は?って聴かれたら
ダントツでこの曲を選びます。

だって、帰ってきてからも
こんなに心が震えてるから。



12:奏


バラード続きでちらほら座っている人もいましたが
やっぱり、この曲では総立ちでした。


スクリーンにはOPで流れていた画像が
あれはここにつながるんだったのかと、ようやく気付く。


流れているのはとあるカップルの思い出っぽいショートムービー。

サーファーの彼氏。
それを浜辺で見守る彼女。
海。江ノ島。江ノ電。

だけど今は二人は離れ離れに。

映し出される代々木体育館、今日のチケット(これ、場所によって違うんだよね、きっと)
すれ違う自転車に二人乗りするカップルを見て、遠い日の自分たちを重ねる彼女。

でも、すれ違ってしまった心。
二人を冷ます雨。

結局、彼はこないまま彼女は会場入りし、ライブを見ています。
彼女の隣の席は空席のままで。

ステージでは奏を歌う大橋くん。

そんな彼女の隣にようやく彼は現れて
そっと手を握ります。

ポロポロと彼女のほほを伝う涙。

だけど、それは幻だったようで
やっぱり、彼女の隣は空席のまま…


音楽と、映像がとてもいい感じで融合していた奏。
奏という曲の世界とはまた違った感じの世界だったんですけど
アレは奏2というか、その後の二人設定だったのかな

スキマスイッチでつながる2人。
私と彼氏もそうです…。
次のツアーは一緒にいけたらいいなぁなんて
急に彼の声が聴きたくなった私なのでした。


--------------------

一度真っ暗になる会場。
奏の余韻が残っているような…少し湿ったようなこの空気の中で



ふわっと風が吹くような
ピアノソロが響き
今までの空気を吹き飛ばしました。



13:冬の口笛


切ないバラード続きで「はぅ…」ってなっていた私ですが
ここでガラッと幸せソングキタ――(゚∀゚)――!!


いつもと少し違う?
ちょっと照れくさそうで、嬉しそうで、そして何より幸せそうに歌ってるーー(*´ω`*)

めちゃめちゃ笑顔の大橋くん。
サビのとこの歌い方が
何だかミスチルの桜井さんぽく聴こえたのは私だけかな?

この曲の歌詞はほんとうにすごく温かくて
ああ、こんな恋愛したいよね、っていつも思います(*´ω`*)

「冬の口笛」は彼氏が一番好きな曲。
私が一番好きな冬の曲(もしくはバンプのスノースマイル)




14:君の話


ステージ上を歩き回って、会場を挑発する大橋くん。
Sです。Sモード大橋入ります!
君の話は、正直前は苦手でしたが
ライブで聴くとめちゃめちゃカッコいい(特にシンタくん)ので
最近ちょっと好きになりました。

PVでもそんな感じのところがありましたが
今回もスクリーン中央はスキマのステージ上映像。
その両脇は歌詞の文字がうようよと動く感じ。
リングの呪いのビデオの中にあったような…(わかるかな?)
あんな感じの映像でした。



曲が終わっても、手拍子を促し続ける大橋くん




15:キレイだ


君の話の続きから絶妙な感じでキレイだに突入。
スキマが歌う「キレイだ」には二つのヴァージョンが存在していて
一つはアルバム収録バージョンなのですが
今回のイントロは
もう一つのヴァージョン(公式に発売はされてないと思います)の方によく似てました。
そっちアレンジなのかな。こっちもカッコよくて好きー( ´∀`)

サビ部分の客席は手拍子じゃなくって
手を両手を上にあげて左右同じ向きに振る的なアレだろうと思っていたんですけど
あれー?誰もやってないーーーーー??(;´∀`)
手拍子疲れたよー(;´∀`)
明日はやるかなぁ…。


16:アーセンの憂鬱


カッコいいスキマシリーズキタ――(゚∀゚)――!!
アーセン大好きなので歌ってくれて嬉しかった。
実際歌詞見てみないと
何言ってるのかわかんないトコも好きw
(大橋卓弥流日本語→卓本語)

エマージェンシーの所で手をあげる大橋くんがダイスキです(*´ω`*)

後ろのサラリーマンの「アイヤイヤー」が

なんとなく中国っぽく聴こえて
可笑しくて仕方ありませんでした。ごめん、ユンロン(もしくは桜木)


アーセンの終わり方はいつもとってもカッコよくて
ああ、演奏楽しいだろうなーと、うらやましく思います。


いいなぁいいなぁ( ´∀`)


曲が終わるとそのまま大橋くんが手を高く上げて
手拍子を促します

会場中の拍手の洪水

スキマのライブはたいてい常に手拍子なので
このあたりになるとすでに手が痛いのですが

ここでさらにS大橋がカオを見せます
| |_・)←S

大橋「この倍の早さで叩いてみて〜」

パンパンパンパン……

ちょぉぉぉぉぉぉぉ…ながーーーーーい

スキマファンならもうこの時点で
あの曲が来る事はわかるはず。


大橋「そう〜、この速さの拍手を次でやる曲で俺が合図したらやってね」


会場「はーーーい」


大橋「いいね〜。じゃあ次は声出ししよう」


続く拍手

大橋「ふ〜れ〜て〜未来を〜〜〜」


会場「ふ〜れ〜て〜未来を〜〜〜」


大橋「簡単でしょ?これだけ。
歌詞なんか、どうでもいい。サビがきたらそう歌って
一緒にライブを作ろうぜ〜〜〜〜!!!!」



17:ふれて未来を


「ふれて未来を」はいわゆるライブでは必ずやるお決まりの曲で
ここの部分は必ず歌わされます( ´∀`)


本当は「揺れていたいよ」とか「触れてみたいよ」とか「笑いあってたいよ」とか
実際に「ふれて未来を」と歌っている箇所はないのですが

「ふれて未来を」と歌えば、とりあえずそんな風に聴こえる曲( ´∀`)


ライブでのこの曲は本当に楽しくて大好き。
最近はこの曲か「えんぴつけしゴム」という曲で大抵会場全体で歌います。
「ふれて未来を」と言ってればいいとのことですが
大抵の子は歌詞を覚えていて、バッチリ歌えてました。


「ふれて未来を」を終わって、会場は大きい拍手&不思議な充実感でいっぱいに。
やっぱり一緒に何かをできるのは嬉しい( ´∀`)


そう思っていたら、スターがまたメロディを。


「OH〜〜〜〜〜〜〜〜」



歌い終わると、会場にマイクを向ける。

「OH〜〜〜〜〜〜〜〜」

ただそれだけに強弱とメロディをつけて。

交合に、歌いあって、響きあう歌声


最初は簡単だったメロディ。

会場がちゃんと歌えると次のステップに。


大橋「ちゃんとついて来いよ〜」


6回目くらいになるとかなり複雑な事になっていて
なかなか歌い終わらない大橋くんに会場ちょっと苦笑。


大橋「SAY!!」



…って最後まできちんといけない人も出てきて
ばらばらになる客席のメロディ。







大橋「ぜんっぜんダメ」





(会場:爆笑)


そして始まった


18:全力少年


ステージを右に左にと走り回る大橋くん。
前回はステージから客席に下りたりもしていましたが
今回はさすがにそれはなかったです。

サビ部分は会場にマイクを向けて。
大きな声で歌ったんだけど
周りの音が大きすぎて自分の声が聞こえない

客席からマイクを戻し、自分が歌う時に
大橋君がすごく幸せそうな笑顔だったのがとても印象的でした。


最後はいつものように、高い場所に上ってジャンプで終了。
今回、ここで一緒にその場で飛んでいる人がとても多かった。
もちろん、私もしました^^





大橋「ありがとう東京ー!!!!」





全力少年が終わってもしばらく鳴り止まない拍手。
そんな中手を振って会場を後にするメンバー。

先に奥にひっこむ大橋くんとは反対に
他のサポートメンバーを誘導するみたいに
手で「どうぞどうぞ、こちらです」のポーズをして送り届けてから
腰のあたりで小さく手をふって帰っていくシンタ君に癒されました。可愛い〜。


会場が真っ暗になって
アンコールの拍手の波のなか
少しぼーっとして、椅子に座りました。

ざわつく場内。
だんだんと揃ってくる拍手。

「メンバー紹介なかったねー」
「ねー」


うしろの席の女の子たちが話しているのが聴こえました。

「あの、坊主頭の人有名な人だよね。名前なんだっけー」
「わかんない。あ、でも今日●●ちゃんいたねー」
「誰、それ?」
「ほら、あれ。パーカスの人」


あれ?パーカッション今日違う人なの(。´・ω・)?
スキマスイッチのパーカッションっていったら、たいていあの人だけど
私が思ってた人と違っていてちょっとビックリ。






そうしているうちにステージに一筋の光がおち
照らし出される、椅子とその上にのった一冊の茶色い革表紙の本。


スキマスイッチの二人がそっとステージに戻ってきました。


会場は着席のまま
シーンと静まり返っています



大橋君も静かに席について、しおりの挟まっているその本を開きました。



内緒話をするように
小さく小さく、優しく響くピアノの音


19:小さな手


この曲を聴けるのは、シングル「view」のカップリングでだけ。
でも、本当にいい歌なんです。
昔のライブでは何回かやったことがあったのは知っていますが
私は生で聴くのは初めて。嬉しい。

日記のような本をパラパラとめくりながら
懐かしむように、いとおしむように
大切に大切に言葉をつむいでいく大橋くん。

あの本は歌詞が書いてあるのかなぁ( ´∀`)


この曲は、他のメンバーなしでピアノとボーカルだけ。

だけど、そこがすごく好きです。
二人だけなのに、ここまで聴かせられるのは
ほんと…すごい。

セピアで映し出される二人の映像もすごくあっていました。



こんな風に全員着席で聴くって珍しいと思うけど
そのぶんじっくり聴く事ができてよかった。







大橋くんが本を閉じて、ゆっくりと立ち上がり



大橋「それでは、折角アンコールを頂いたので他のメンバーたちを呼んでもう少し楽しもうかと思います」

再びステージの上に全員が集まります。
今度はステージ中央にあつまった感じで。


大橋「今回のツアーは実はオロナミンCさんに協力をしていただいています」

ステージ両脇のオロナミンCの広告が光りましたw
大橋くんとシンタくんの手にもオロナミンCが。

大橋「みなさんも帰りにオロナミンCを一本ずつもらっていってくださいね」





前回のツアーでも頂いたオロナミンC
前回こういう話になったときは、みんなで「元気ハツラツー?」的なやりとりをしたのですが、今回は普通に拍手だけでした。
それにしても1万2千人分のオロナミンCかぁ。すごいなぁ(;・∀・)


シンタ「折角だからね…頂きましょうかね」

大橋「え?一気?」

シンタ「いや、しないしない」

大橋「いやいやいや…」

シンタ「え?ほんとに(;・∀・)?」


大橋「はい、一気一気」



会場も一気コール&手拍子。
他のサポートメンバーもそれぞれ楽器で応援(なの?)



一気するシンタ君がアップになり、終了。



シンタ「みなさんは、味わって飲んでくださいね?」

大橋「これ、ゴミはちゃんと持って帰ってね」



会場からは「はーい」「はぁーい」とばらばらに声が上がります。



シンタ「超適当〜な返事だね」

会場:笑

大橋「そういうやつに限ってその辺に捨てて帰ったりするんだよなー」

会場:笑


手にもったオロナミンCをサイドのテーブルに置く大橋くん。
テーブルが軽くアップになりました。
そういえば、今回は大橋くんのドリンクが入っているのも
オロナミンCの「キモチスイッチ」ボトルでした。


大橋「それでは、そんなオロナミンCとタイアップされてた曲をやってみたいと思います」




20:回想目盛


何気に切ない曲なのに、すごく楽しそうなんだよね。
アレンジのせいなの?
大橋くんもシンタくんもニコニコで、他のメンバーも笑ってる。
私もつられて笑顔になる。

この曲の前後にメンバー紹介をはさんでいたのですが
パーカッション紹介の時に
例の後ろの二人が、名前を呼んでたんですね。



「●●さーん」





ですが、大橋くんが紹介したのは





「パーカッション!さっちん」










ちーーーーん( ´∀`)



ちょwwおまwww
全然ちげwwwwwwww





どうやら、思いっきり間違ってしまったようで
超恥ずかしそうでした(;´∀`)ドンマイ





今回はシンタくんの「大橋スター卓弥」紹介はありませんでした。

自分と大橋くんをふわふわ〜といった感じの手で指して



シンタ「ここらへん、スキマスイッチ〜」

のほうでした。
これも可愛くて好きです。


そんな感じに楽しい曲が終わり
また照明が落とされます


舞台中央


大橋君とシンタくんに光がすっと降りました



シンタくんは鍵盤前に座っていて
大橋くんはマイクによりかかるように立っています。


シーンと静まり返る場内

マイクを通して大橋くんの吐息が聞こえます


大橋「今日は本当にありがとう」


一つ一つ
噛みしめるように
言葉をつむいでいく大橋くん


「今日は一万二千人というお客さんが来て下さって、
僕たちの曲を聴いていてくれてますが
デビュー前…今から8年くらい前になるんですが
そう、まだスキマスイッチという二人を誰も知らない頃
初めてライブをやったのがその頃でした。
8年前の年末でしたね…。
ライブハウスでやった、その僕たちの最初のライブに来てくれたお客さんは…」




大橋君がそっとマイクの前に手を出しました




「5人…。5人でした」


会場はシーンと静まり返っていて…誰も動きません。
全員大橋くんの開かれた指に釘付けになり
次の言葉を…
ゆっくりと開かれる大橋くんの口から紡がれる
次の言葉をただただ待っていました。



「その5人っていうのもね、アレなんです。
その日ライブを一緒にやってくくれた他のバンドのサポートメンバーの人で。
だから言ってみれば身内のようなものなんですよね。

だから…それを抜かした分の本当のお客さんっていうのは

0…0だったんです」



大橋くんは今度は手で0の形を作りました。



「それでも、初めてステージにあがって
人前で歌うっていうのは…

本当に…気持ちよかった」



本当に愛おしいものの話をする時のように
大橋君は時々、長く目を瞑り、当時の事を語ります。



「そうしてそのうち、全国のライブハウスを回るツアーをやらせて頂いて。
そうしたら次はホールでライブをやらせて頂いて。
ホールの全国ツアー…。そして今回はアリーナで。

本当に、少しずつステップアップする度に「信じられない」って気持ちと
「頑張らないと」って気持ちが沢山あふれて

こうして今ではこんな沢山の人達の前で
スキマスイッチという…
僕とシンタくんが出会って「こんな音楽あったらいいよね」っていう自分たちのやりたい事をして
それでそれをこんなに沢山の人に聴いていただいて

ほんとうに幸せな事だと思います…。

本当にありがとう」



大橋くんは深く頭を下げました

会場からは拍手。
いつもはここで色々な声が飛んだりしますが
今日は誰も何もいいません。
拍手、拍手。ただそれだけ。

大橋くんはゆっくりと頭をあげると
また少しずつ話始めました。



「僕たちはまだこれからライブハウス、ホール、そして今回のようなアリーナ
色々なところでライブをやって

そして音楽でみなさんにこの感謝の気持ちをこめて恩返しできたらなって思ってます。



今日は僕たちスキマスイッチのライブにきてくださって
そして最後までこうして曲を聴いてくださって
ほんとうに…ほんとうにありがとうございました。」




ところどころ止まりながら
ゆっくりゆっくり話す大橋くん。

こんな彼をみたのは初めてです。


なんだか少し泣いているのかな…。
声がいつもより鼻にかかっていた気がします。


そしてさっきよりも深い深いお辞儀をシンタ君とした後

大橋君はシンタくんが頭をあげてもまだしばらく頭を下げたままで。


鳴り止まない拍手
頭を下げたままの大橋くん。



涙が出そうになりました。



ゆっくり、ほんとうにゆっくりと頭をあげた大橋くんは
口元に手をやって、少しだけ間をあけた後に
(多分、泣いていたと思います)

マイクに向かい、小さく笑って指を一本だしました。


「最後に、もう一曲だけ…聴いてください」




照明が青く染まり、シンタくんのピアノが静かに鳴り始めました。







21:マリンスノウ

今年の夏にでたこの曲。
マリンスノウというのは海の底に降る雪(実際はプランクトンの死骸)の事で
スクリーンに映されるのももちろん海の映像でした。

ポコポコと海の底から上がる気泡

この曲を生で聴くのは初めて。
心地よく海を漂っているかのようにゆれるようなメロディ。

最後の曲だとわかっていて。
少し寂しくて
だけど何だかすごく、色々なものをもらった気になって気持ちよくなっていた私は
最後にこの曲でいい感じに酔えたと思います。

七色の電気が通っているようなクラゲの画像。
あのクラゲ好きでよく水族館で見ています。
わたしも今、あんな感じで
スキマスイッチという音楽の海にゆられてるんだなぁなんて。


曲が終わり、深くお辞儀をして
大橋くんもメンバーもそしてシンタくんも去ってしまい

会場が再び真っ暗に。

会場から、早々と立ち去るお客さんがいる中
またスクリーンに映像が映し出されました。


奏の時のあの海。
砂浜、落ちていく彼女のブレスレット。

そして海辺。


彼が居なくなって、持ち主をなくしたサーフボードが波に揺られていました。


その映像を最後に会場は再び真っ暗になり
そして、今度は本当の終演を告げるアナウンスがかかりました。











スキマスイッチ一日目はこうして終了しました。






いつもはおしゃべりなスキマスイッチが
MCを抑えて、その分曲を詰めてきた今回。



少し物足りないといえば物足りない気がしますが



だけど

うん



それ以上に沢山、ほんとうに沢山のものをもらえた気がします。



まだ見たことのなかった顔。

本気のプロポーズ(だと思っている私)

本気のプロポーズ(受け取った気になっている私)



思えば



たしかに言葉も大切だけど




彼らにとって



彼らの思い=曲っていうところもあって




言葉じゃなく



音で。




そんな感じだったのではないでしょうか。






トークが多いスキマスイッチも楽しくてダイスキだけど

本気で音楽だけをぶつけてくるスキマスイッチも、すごく素敵だった。






ありがとう。
震える心を。



明日も見に行きます。

二日目レポはまた後日。



長い長い
またかなり自分視点でかかれた稚拙なレポを
最後まで読んでくださってありがとうございました。



わたしのこのレポをとおして
少しでもスキマスイッチに興味をもってくださる人がいるのなら

それはすごく

幸せです。


スポンサーサイト
ワクテカ5割増でレポお待ちしております。

+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +
ゆきくん | 2007/11/14 03:01
詳細レポお疲れ様!!
ほんとにスキマ大好き大好きなのが存分に伝わってくるレポでした(´∀`*)
おれの拙いレポとは大違いやねヽ(;´Д`)ノ

願い言、福岡のときもすごかった。
気合と感情こめこめで、本当に魂をぶつけられてるような
そんな歌いっぷりでございました。

おれのレポにも書いたけど、「奏」のときは
いろいろ考えちゃった(σ`・ω・)σ
次ツアーがあるときは、並んで聴けたらいいね(*´ -`)(´- `*)

ではでは、例のカポーの後悔処刑も楽しみにしときまっすΣ(〃▽〃 )
ゆきくん | 2007/11/14 23:34
こんばんは(●'-')あの二日目、隣で仲良くさせて頂いた二人の一人です。覚えていらっしゃいますかねー(ドキドキ)あのときは本当にありがとうございました。ブログにレポ書くっていっていたのと、ブログの名前(なんとなく覚えていたので)をあてにここまできました。1日目すごいですねー。2日目も楽しみにしています(自分も行ったのにね)
また遊びにきますね。デラのスキマトピでもよろしくお願いします♪
サエ | 2007/11/17 16:30
COMMENT